新着情報

商品の価格表示方法が変わります!

商品の価格表示方法が変わります!

2021年3月31日をもって、“消費税転嫁対策特別措置法”の特例措置が終了となります。そして、2021年4月1日から『総額表示の義務化』となり、商品価格が税込価格と本体価格の2重表記になります。

※表示方法が変わるだけで、商品の値段は
一切変更はありません!


Q.「総額表示」って?

A.「総額表示」とは、消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者が、値札やチラシなどにおいて、あらかじめその取引価格を表示する際に、消費税額(地方消費税額を含みます)を含めた価格を表示することをいいます。(国税庁ホームページから転載)


Q.「消費税総額表示義務化」って?

A.「消費税総額表示義務化」とは、税抜表示と税込表示が混在した商品を購入した場合、支払総額がいくらになるのか分かりにくいケースがあります。価格表示を総額表示にすることで消費税を含んだ支払総額が分かりやすくなるために義務付けられたものです。


以上のことから、販売商品については順次、消費税を含む総額表示へと移行してまいります。そのため、移行中は各売り場に旧表示と新表示が混在してしまいます。
また、総額表示になることで販売価格が値上がりしたように感じられると思われますが、商品自体の値段は変わりませんのでご安心ください。

お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

お気に入り登録
ページトップに戻る